ねこ 暮らし

猫のトイレ

2021年1月13日

ねこの自動トイレ キャットロボ  オープンエアー

我が家では2匹猫を飼っています。

ちなみに、猫のことでいろいろなことを自動化したおかけで、以前飼っていたハムスターよりもはるかに楽だなーっておもいます。熱帯魚、ヤドカリも飼っていますが、猫はほんとかわいくて楽です。

オートメーテッドペットケア キャットロボット オープンエアーを使っています。

くし形と違い、すごく固まる砂を使う必要がなく、ほどほど固まる鉱物系の砂を使っています。最初このことに気づかず、エバークリーンをつかっていました。今は、アイリスの7リットル300円程度の砂を使っています

最初はリッターメイドというくし形でした。砂は、良く固まる鉱物系のエバーグリーン一択でした。

回転タイプとくしタイプの比較

回転タイプとくしタイプでは、そもそも構造というか、砂を集めるシステムが違います。

どちらにも言えることは、モーター音がうるさい。すなわち、モーターに負荷がかかるということです。

回転タイプ

3か月返金あり。キャットロボット オープンエアー 自動トイレ

3か月返金とは、猫が使ってくれない等でも 3か月以内なら返金する制度です。高価なお買い物ですので もしも、使わなかった時には、とても安心できます。 他店よりも少々高いですが、使わなかったときのことを考えると決して高くはないのではないでしょうか?

キャットロボット オープンエアーですが、球体の部分がまわりまわっているときに、網がありそこに砂だけが入り、排泄物は、排せつ用のポケットに落ちていくという仕組みです。

ちなみに、ねこがはいり重さにより、回転スイッチが入るという仕組みで、ちいさいねこや、ネコが入ったとしても、場所によりスイッチが入らないことがあります。(奥のほうに行けば確実に入ってくれる)

モーターへの負担は砂の重さなので、計算されていて、故障も少ないと思います。

どちらかというと優しく砂が動いていくので、あまり固まらない砂でも回収することができます。

回転タイプのデメリットは、置く場所です、その大きさは、宇宙船と呼ばれるだけのことはあります。

しかしながら、おおわれている部分が大きいのでほこりが若干広がりずらいです。

くしタイプ

私が使っていた時はシリカゲルタイプと、鉱物系砂タイプがありました。

シリカゲル系は、コストも、シリカゲルがホームセンターに売っていることもなく、鉱物タイプの購入しました。

私が使っていたくしタイプについて

くしタイプのトイレは、くしの移動により、排泄物を回収ポケットに移動することになります。

なので、くしが、砂の塊を壊したりすると、ちゃんと回収されないことになります。

またおしっこなどで、柔らかい粘土状に固まってしまうと、くしがひっかかり、回収できないどころか、故障の原因になってしまいます。なのでしっかり固まる、高級な砂を使うことが必須となります。

くしタイプの良い点は、置くスペースが少なくて済むです。特に高さ方向に。ただ回転タイプと反対で、上部が囲われてないものはほこりがものすごく舞います。

壊れたタイミングで、回転タイプに変えました。

シリカゲルタイプ

くしタイプ最新型

新しいくしタイプは、回転タイプと同じく、全面がおおわれています。自動で砂を入れてくれるなど、とても便利です。

値段はまだまだ高く、回転タイプに代わるものになるのでしょうか?

どちらがおすすめ?

長い目で見れば、砂も安くて済み、故障の心配も少ない回転タイプがおすすめです。

鉱物系を使ったくしタイプはどうしても、オシッコが固まってねっとりしたときに、粘土のようになりくしが止まってしまうようです。

最新型でも、レビューにそういう報告がありました。

将来的に、砂の値段で、回転タイプがコスパが良くなるでしょう。

両方に言えることは、入り口付近の砂は、絶対どちらも散らかるです。

使い心地

音はうるさいです。

キャットロボットは、多頭飼いにも向いていると思います。

排泄物の処理は、2匹で、週2回にしています。冬は気になりませんが夏は匂いがやはり気になります。

私はおくところがなくリビングに置いています。存在感はあります。来客時宇宙船?とよく言われます。

買ってよかったことは間違いないです。

ちなみに、リッターロボット 3は長年販売されています。探せばパーツだけ売っているところもあります。当然に、正規代理店を当して買えば修理もしてくれます。

コスパのためにやっていること

45lの半透明のごみ袋を使っています。

砂に関しては最初は、高い良く固まる砂を使っていました。

というのも、くしタイプを使っていた時には、固まらないと、全く役に立たないからです。

でもこの回転タイプは、あまり固まらなくても、ちゃんと排出されます。

なので、今では、砂は300円ちょっとの砂を使っています。ネットでまとめて買えば、送料対策になりますが、置き場が困るなら、ドラックストアなどで、その都度買うと良いでしょう。