こどもGPS 子育て

キッズケイタイにしなかった理由と料金について

2021年3月25日

色々周りの人に聞いてみました。

学校に、キッズ携帯を持っていくには、学校についたら、先生に預けないといけない。

毎回それが面倒で、もっていかなくなったということを聞きました。

それと、居場所を検索するのにお金がかかることも、気になりました。

ということは、検索しないと居場所がわからなのかな?と思いました。

ライフスタイルを考えると、子供と電話でいろいろと話すことや、待ち合わせの変更をすることがないように思いました。

キッズ携帯にしてもGPS BoTにしても、どういう使い方をするか、先のことをよく考えて、選択するのがいいと思います。

人それぞれ使い方と、求めることは違うと思います。

操作、仕様が不安な低学年のうちは、BoT的なもの。

高学年になったら、キッズ携帯という選択もあります。

子供にSNS的なものを使ってほしくないと思うのならばこのような機種も選択の一つかなとも思います。

スマホなど便利になればなるほど、子供の安全を思ってのことが使い方次第では逆に危険になる可能性もあります。

キッズケイタイとの比較

キッズケイタイについて

・GPSとは、値段的には大差がない。

・居場所を調べるのに、通信量がかかる。

・親とキャリアを合わせないといけない

・学校で預けたり、もっていってはいけないところがある。

GPSを検討する際に、絶対気になる、キッズケイタイの各社の料金を記載しておきます。

使用料は機種代は除きます。フリマサイトなどで購入することも可能です。

GPSとは、値段的には大差がないです。

ドコモ

月額使用料 550円 親がドコモを利用している場合。単独の契約は不可

古い機種ならば、2000円から4000円で手に入る

ソフトバンク

月額使用料 539円 親ががソフトバンクを利用している場合。

*単独でも可能だが割高になる(加えてGPS検索サービスが利用できない)

フリマサイトでも本体は1万円くらい

au

月額使用料 550円 親がauを利用している場合。 

*単独でも可能だが割高になる(加えてGPS検索サービスが利用できない)

現行機、mamorino5は、中古では出回ってませんが、mamorino3は中古市場に出回っており、2000円程度から手に入ります。